HOME 施設のご案内 催しもの案内 施設の空き状況 舞台部屋































































































































































































 トップページ > 施設のご案内 > ふる里漫画館 > 川柳・川柳漫画コンクール

川柳・川柳漫画コンクール
    
川柳・川柳漫画コンクールは、川柳とそれを表現した1コマ漫画を楽しんでいただくコンクールです。

川柳漫画は、千曲市稲荷山出身・近藤日出造氏が得意とした手法で、それにちなんで本コンクールは平成12年に

始まりました。

平成16年までは川柳のみを応募していただき、入賞作品について漫画家・牧野圭一氏(京都精華大学 名誉教授)

による1コマ漫画を楽しんでいただきましたが、平成17年からは新たに川柳漫画の募集も開始し、川柳のみならず

漫画についてもみなさんに応募していただけるようになりました。
 

令和元年度 第18回川柳・川柳漫画コンクール募集要項   チラシはこちら 

   ※募集は終了しました。
         

川柳の部 募集要項

題材

自由題


応募方法

1人5句まで投句可能(作品にはふりがなを付けてください)。
ただし、作品は未発表・自作に限ります。用紙は自由です。
住所・氏名(ふりがな)・年齢・学校名・学年・電話番号を明記してください。
ふる里漫画館へ持参していただくか、郵送・メール・FAXで応募ください。


郵送先  千曲市ふる里漫画館 〒387-0021 長野県千曲市大字稲荷山2181-1
メール  manga@city.chikuma.lg.jp
F A X   026-273-5639


賞

一般部門

大賞 1点 賞状 図書カード 10,000円
優秀賞 2点 賞状 図書カード 5,000円
佳作 5点 賞状 図書カード 2,000円
入選 10点 賞状 図書カード 1,000円
      
ジュニア・幼・小・中学生部門
         
大賞 1点 賞状 図書カード 10,000円
優秀賞 2点 賞状 図書カード 5,000円
入選 5点 賞状 図書カード 1,000円


入賞者には漫画家・牧野圭一氏(京都精華大学 名誉教授)直筆による川柳漫画の色紙が贈られます。


選者

石田 一郎 氏


応募締切

令和元年8月31日(土) ※当日消印有効


入選作発表             

令和元年10月3日(木)※予定 
本人に直接通知、ホームページ等に掲載いたします。


表彰式

令和元年10月26日(土)


                                                       ↑このページのトップへ




川柳漫画の部 募集要項

題材

「スマホ天国」とする  自由題も可

乗り物の中でも、街の中でも、勉強しながらも・・・・みんなが「スマホ」とニラメッコ!
確かに、【スマホ天国】と見えますが、天国のとなりには「地獄」もあります。あれは機械に見えて、
実は宇宙人であった!!というオチも考えられますし、空飛ぶじゅーたんのように、自在に人を
運んでタイムマシンに進化?したスマホ!というお話もあるでしょう。
オ・ド・ロ・キ・ス・マ・ホの出現に期待します。



応募方法

1人5句まで投句可能(作品にはふりがなを付けてください)。
ただし、作品は未発表・自作に限ります。
ふる里漫画館へ持参していただくか、郵送で応募してください。

千曲市ふる里漫画館 〒387-0021 長野県千曲市大字稲荷山2181-1
(メール・FAXでの応募はできません。)


大きさ

(表面)ハガキ・ハガキ大の用紙に10cm×10cmの正方形枠内に川柳漫画、枠外に川柳をご記入ください。

(裏面)応募部門(課題・自由題)の別、住所・氏名(ふりがな)・年齢・学校名・学年・電話番号を明記してください。
    合作仲良し部門へ応募の場合は、川柳と漫画の作者名(間柄)を明記。
    例 川柳 千曲太郎(祖父)
       漫画 千曲花子(孫)
    用紙は自由です。裏面が写らないものを使用してください。


賞

一般部門

大賞 1点 賞状 図書カード 10,000円
近藤日出造賞 1点 賞状 図書カード 10,000円
審査員特別賞 1点 賞状 図書カード 5,000円
優秀賞 1点 賞状 図書カード 5,000円
入選 10点 賞状 図書カード 1,000円

ジュニア・幼・小・中学生部門
         
大賞 1点 賞状 図書カード 10,000円
優秀賞 1点 賞状 図書カード 5,000円
入選 5点 賞状 図書カード 1,000円

合作仲良し部門(川柳と漫画の作者が異なる)

大賞 1点 賞状 図書カード 10,000円
優秀賞 1点 賞状 図書カード 5,000円
入選 3点 賞状 図書カード 1,000円


入賞者には漫画家・牧野圭一氏(京都精華大学 名誉教授)直筆による川柳漫画の色紙が贈られます。


選者

牧野 圭一 氏


応募締切

令和元年8月31日(土) ※当日消印有効

      


入選者発表

令和元年10月3日(木)※予定 
本人に直接通知、ホームページ等に掲載いたします。


表彰式

令和元年10月26日(土)

                                                       ↑このページのトップへ




審査員紹介
             

川柳の部 選者

    石田 一郎 氏

    【略歴】 昭和8年7月10日生まれ。長野県川柳作家連盟顧問。
          川柳キマロキ吟社代表。(社)全日本川柳協会常任幹事。
          「信毎柳壇」選者。日本現代詩歌文学館振興会評議員。
          元飯山市代表監査委員。長野県老人大学講師。飯山市在住。


川柳漫画の部 選者
 
          
           牧野 圭一 氏

   【略歴】  1937年愛知県生まれ。
           1976年から約15年間、読売新聞に政治漫画連載。
           1973年日本漫画家協会優秀賞。
           1979年トルコ・シマビ國際漫画展「雑誌セブル賞」。
           1984年イタリア・アンコーナ國際スポーツ漫画ビエンナーレ展国務大臣賞。
           1985年ブルガリア・ガブロ諷刺とユーモア國際ビエンナーレ転招待作家など。

          漫画家。高知県まんが甲子園企画参画、選考委員。ユーモア発明クラブ会長。
          公益社団法人日本漫画家協会事業担当理事。
          京都精華大学 名誉教授。


                      〜 牧野先生よりコメント 〜

                      マンガの先見性と川柳のホンネ

      手塚治虫氏が描いた「アトム」を読んだ子どもたちが、長じて工学博士になり、今、歩行型ロボットを造っています。
     家電製品は後発の新興国に追いつかれ、追い抜かれようとしていますが、ロボット開発においては、日本が先頭を走っています。
     マンガは実現できない「たわいのないもの」の名称でありましたが、本音や妄想の「視覚化」と言っても言い過ぎない、そんな社会
     になりつつあります。「3Dプリンター」が、ものつくりの世界で革命を起こすと言われていますが、ユメとしては、ドラえもんに代表さ
     れる子どもたちの願望の具現化として、ギャグマンガの中ではとうの昔に語られているのです。

      千曲市型【川柳漫画】は、本音をホンネで視覚化する!それも、わざわざ≪誤解≫して作品化する「自由」までを付加してありま
     す。これは、作者ばかりでなく、鑑賞者の読解力を信頼しなくてはできない業。発想法において、最先端の仕掛けを千曲市は、
     他市に先駆けて実行しています。関係者の一人として拍手!!しなくてはなりません。

      応募して下さる皆様方も、是非、千曲市のこの心意気にご注目下さい。規模は小さいながら、近藤日出造記念館に相応しい、
     気宇壮大な試みであります。



                                                      ↑このページのトップへ


  千曲市教育委員会文化課
   Copyright(c) Chikuma City Cultural Section. All Right Reserved.
                当サイトの掲載内容の無断転載は固くお断りいたします。すべての著作権は千曲市教育委員会文化課に帰属します。